色とりどりの風景

ありのまんまりあんなわたしの場所

5次元の島、小豆島

小豆島に来て、12日が経ちました


何だかもう何年もいるかのような安定した居心地の良さと、ついてけないくらいの猛スピードな急展開に、楽しくて楽しくて常に笑ってるなってくらい楽しんでおります


えーーーと……一体何から書けばいいのやら


とにかくね、ここは奇跡の島なのか!?ってくらい、穏やかで心地良いの


人はもうビックリするくらいいい人ばかりだし、仕事に対しても真摯に取り組んで、お客さまのことはもちろん、一緒に働いてる人への気遣いっていうか、それがもう気を遣ってます!みたいじゃなくて自然に当たり前のことのように相手を想って助け合うっていうか、むしろそれが呼吸を無意識でしてるようなくらいのナチュラルさでそこにある


厳しい人もいるけど、でもその裏にはすごくすごく深い愛があって、愛ゆえの手厳しい叱りというのかな


だからね、心折れる時もあるけどもうすごく感謝が残るし、ちゃんと最後はアフターフォローもしてくれて、言った経緯を伝えてくれたりもする


忙しいし大変だけど、仕事はもう楽しくて楽しくてたまらない


私が理想とするカタチが目の前にあるから


移住というか、拠点を探す目的も兼てこの制度を利用してる私は、その土地や風土、人や生活の基盤になるものなどなど、島の情報が欲しい!って思っててそれをよく人に話してたんだけど


そしたら、元派遣で今は移住しているって人がちらほらいるって情報が入ってきて、そっから従業員食堂で出会った移住者の子からの話で事が急展開することとなりました


好きなもの、惹かれるもののキーワードが一致して盛り上がって、移住希望なら島の仲間を繋げるし、"小豆島歩くタウンワーク"って呼ばれてるくらい顔の広い人がいるから会わせますよ~( ´∀`)って言ってくれて、地の人との架け橋になってくれることになった


閑散期、好きだなぁって思ったカフェで働きたくて、直談判するつもりでいたら、そこのオーナーさんと知り合いだから紹介するって言ってくれたりΣ(゜Д゜)


自身が働いてるお店が人手不足だから働いてほしいって提案もあり、全然OK!むしろやりたい!!って返事したら、その翌日(今日)オーナーさんから今日か明日以降お会いしたいので、お時間ありますか~ってなり、たまたま空いてたからお邪魔することになってね


行ったら少し話しただけで、即採用(  ̄▽ ̄)笑、
明後日から掛け持ちで働くことになりました(笑)


オーナーさんは東京からの移住者で、お店を始めて4年、そして去年かな??海辺にもう一店舗構えたばかりでスタッフが新人さんしかいないんだって


ゆるっとしているようで、お店の第一理念はオーナーであるご本人が自由に生きること(笑)


あとは従業員にとって働く価値のある場所であることと、お客さんや仕入先をはじめ地元に貢献すること


お休みも固定ではあるけど不定休でもあって、気分で休みたいなぁ~って時に休んで遊びに行っちゃったりするみたい(笑)


そういうのすごく好き(ノ´∀`*)


仕事内容とかざっくり聞いただけだけど、イタリアンと夜はバーになるそこのお店で働けるのも本当にワクワクする←前職イタリアンだったし


紹介してくれた子のネットワークがすごくて、数珠繋ぎに繋がっていく感じで、本当に感謝感謝


人を繋ぎたいって彼女は言っていて、WSなんかも開催してるって言ってたなぁ


私もやりたかったことだぁって思ったんだ


人と人、人と何かを繋ぐこと


彼女の名刺の肩書きの欄には『JOY player』って書いてあって、それがもうたまらなくステキだなぁって感じた


人のあたたかさと優しさ、そして場の環境と言い、何だか今までにはない感じのオープンさと気楽さとラフさ、ナチュラルさ、居心地の良さ……


どれを取ってみても気持ちいいなって思えるここはもう、あぁ5次元が当たり前のように体現されてる場所なんだなぁってふと気づいた


3次元を覗きこんでるだけでもう5次元にいるってまだ実感がない時もあったけど、身体を持ったままもうここは5次元なんだって間違いなく思える場所


小豆島はもうそこなんだって、ごくごく自然に感じられる感じ


心地良いね


気持ちいいね


だからずっと、何があってもご機嫌さんなんだよね


うれしいなぁ


毎日毎瞬、楽しみがいっぱいだ


f:id:alomalino:20160712053658j:plain

音に乗り、音になる③

日にちが空いてる間にいろんなことが怒濤のごとくやってきて、これ書きたいけどそれ先に書いたら辻褄合わないわ……ってことがたくさん


でも書いて残しておきたいことは、ゆっくりでも思い出しながら書いておこうって思います



http://alomalino.hatenadiary.jp/entry/2016/06/23/183353


↑↑↑これの続き↑↑↑



ムーブメントメディスンのワーク



ちなみにムーブメント・メディスンとは………



『身体から生まれる自然な動きを通して私たちに備わる叡智を引き出し、生きる力を育てるワークです。 イギリス人夫妻、スザナ&ヤコブ・ダーリングカンによる30年を超える人間の可能性と覚醒への研究により生まれました。

ファイブ・リズムス、ゲシュタルト心理療法シャーマニズム、神経科学等を背景に、個人レベルでの癒しに始まり、人間同士、そして地球をも含めた他の生物との関係を癒すことを目的としています。 そして癒されることと同時に、持って生まれてきた目的を生きることで“貢献”することがムーブメント・メディスンの教えの核になっています。

ムーブメント・メディスンでは、身体・心・マインド(意識)がそれぞれに持つ“知恵”をひき出していきます。頭から「こうしよう、ああしなければいけない」ではなく、まず身体を動かすことからすべてを始めます。 動かすことで身体は目覚め、進化の過程を記憶した身体自身の知恵と生命力に繋がることができるからです。目覚めた身体が、自由で開かれた心と、目に見えないものを感知し創造するマインドの安全な“家”となります。 そこで初めて3つが一つとなり、生命が最大限の力を発揮するです。』



ただ音に身を委ねて動いていくというもの


ドラムワークは思いのままにドラムを叩き、出てくるままに声を出してそれが唄になるけど


ムーブメントメディスンは、音を聴いて、感じて、音に乗って動いていくことで、それが踊りになるって感じだった


そしてやっぱりここでも、全ては許されていて、制限もなくありのままでいること


全ての自分にYESであることを表現していくワークでした


そして、『踊り』ということから連想する抵抗や先入観を取るかのように、恵さんが言葉でも誘導してくれて、それをイメージしながら動いていくといった感じ


この時、ずっと背景には音楽が流れていて、水の流れる音だったり、自然界の音だったり


それを感じて場が一体になるとまた音楽を変えて動いたりってことを繰り返していくんだけど


実はこの時、ほとんどトランス状態だったからなのかあんまり覚えていなかったりします………


誘導がなくても、音から身体が勝手に何かを感知して動き出してしまうから


そして、それが当たり前かのように出来ている自分を冷静に感じている自分もいて、あぁやっぱりわかるんだ、あの時の感覚は今も変わらないんだって、それが喜びでもありました


音楽が変わるとすぐ身体の動きも変わる


周りは少し、次はどうするんだろう?って誘導を待つような雰囲気で動きが止まるんだけど、そんなものはもうお構い無し!みたいな感じでガンガン回ったり跳ねたりステップしたり自由自在


目をほとんど瞑っているから、周りの様子も何かいるなぁ~あるなぁ~くらいにしか見えないし気にならない


誘導の声は聞こえているけど、どこで察しているのか誘導の声の前にその動きを感じて動いてるって感じ


すごくすごく気持ちいい


音を聴くというよりも、自分がその音そのものになる感じ


風を感じて、自分も風そのものになる感じ


それがもうたまらなく気持ちいいんだよね


動きには傾向があって、私はあんまり手(腕?)を上げて踊らないんだよなぁ~って、俯瞰して見ている私が思ってて、何でなのかなぁって思っていたの


そしたら、沖縄民謡?のような、あ、沖縄だ~って感じるような音楽が切り替わって流れたんだけど


ナント驚くことに、手(腕)が勝手に上の方で動き出したんだよね


何これ~!って思わず笑っちゃって、沖縄民謡の間はず~っとそれまで上がらなかった手が上の方で動いてた


すごく不思議で面白かった


あとは、ディジュリドゥだと思うんだけど、その音の入ったトランスのような音楽の時は身体が全く動かなかった


ひたすら内観するような感じで


ディジュは宇宙の音がするなぁって思ってた


本当にすごく面白い


音でこんなにも身体の反応と動きが変わるのが


ちなみに、帰って沖縄民謡ってどんなだろう?ってYouTubeで調べたらね『カシャーシーの踊り方』っていうのが出て来て見たら


もう自分が踊ってたそのものみたいな躍りで、ビーーーックリした!Σ( ̄□ ̄;)


これ踊ってたじゃん!!みたいな(笑)


初めてみたカシャーシー


それを何で踊っていたのかは本当にわからないし謎……


けどね、でも……これで確信に至ったのは、やっぱり身体は覚えてるんだってことだった


私がこの踊りに浸っている時、もうひとつ思うことがあってそれは


身体のない、物質次元ではない頃


意識だけで存在していた世界


ひとつひとつの個性として、意識としての集まりがただそこにあって、個々としての輝きを放ってただそこに在って、すべてが調和していた時


私はきっとそこを知っていて、あの時ってこうだったんだよなぁって思い出すというか、そんな感覚になる


確かなことは言えないけど、踊っているその時間はずっと、そんなことを感じてる


だから本当に至福で幸せで心地いいんだと思う


ひとしきり踊って、最後はみんなで輪になってドラムワークとのコラボレーション


ドラムを叩きながら唄って、好きなタイミングで輪の中心に入って踊る


一人一回は必ず輪の中心に入るように指示があって、でも入りたいなら何度でも入っていいよって


最初の方は、ドラムチームの方たちが中心に先陣をきって唄って踊って、最初は静かな波だったけど、だんだん少しずつ全体が盛り上がり始めて


でも何となく、輪に入りたいなぁって気分ではなかったの


まだ足りないなぁって感じだった


遠慮がちに輪に入る人が続いて、少しずつ盛り上がりも大きくなる


『まだ入ってない人いるよねー!』


って恵さんの声が聞こえても、あ~なんかもうちょっとだなぁ~って思ってて


最初に私の隣でド緊張してた男の人が子供みたいに踊ってくれたおかげで笑いが溢れてた


で、その雰囲気を感じて踊るぞ~!!ってやっとなれた


結果気づいたらみんなが踊り終わったあとだったからトリみたいになっちゃったけど、盛り上がった状態で誰よりも思いっきり踊りたかったんだよね


みんなの作る輪の中を、全員の顔を見るようにぐる~っと回りながら回り踊って、ドラムは頭上で叩きならして、飛んだり跳ねたりして、みんながどんどん笑顔になっていくのがたまらなく楽しくて幸せだった


思いっきり踊りきって、ドラムワークとムーブメントメディスンのワークはもう本当に大満足でした


終わったあと、恵さんに感じたことを話して、最後は行けるメンバーでご飯を食べに行ったんだけどその席で


『もっとこのワークやりたい。外で、裸足で、大地で、生の演奏でこれをやりたい!!恵さん、やらないの??』


って夢中で聞いた


そしたら、野外で生演奏で民族楽器を使ってやったこともあるし、やったりもするんだって!


けど、現状それが思いっきりやれる場所を見つけるのが難しいらしく、周りの理解ある場が見つからないと出来ないんだとか


そうだよね


好きな人には好きな世界でも、そこに魅力を感じない人たちにとっては、騒音にもなりかねないもんね


でもその時ね、小豆島に行く話をしていて、小豆島でやりたいなぁ~って言ってたら


じゃあ、小豆島で開催されるよう、場を見つけておいてねって、託された


私はそれがまたたまらなくうれしくて、やります!!って即答だったの


小豆島の地なら、それが限りなく可能な気がした


受け入れられる場と、その場を作ってくれる演奏家の人たちと、そこに共振する踊りの好きな人たち


そのビジョンはすぐに浮かんで、その時真っ先に、この人の音を絶対に使いたいって人も出てきてた


ワクワクが止まらなかった


楽しくて楽しくて、こんなステキなワークがもっともっと広まればいいって思ったし、広められる人になりたいとも思った


小豆島の地で、やりたいことが見つかった


仕事も楽しんで頑張りながら、そこへのビジョンを実現させる為にも動こうって思います


f:id:alomalino:20160702145740j:plain


f:id:alomalino:20160702145842j:plain

音に乗り、音になる②

http://alomalino.hatenadiary.jp/entry/2016/06/18/075506


↑↑↑これの続き↑↑↑


ワークが始まる前は、瞑想して場をひとつに整えて、まずは京子さんからドラムを叩いて声を出してってことが始まった


ヴィジョン・クエストを終えて、セドナ帰りほやほやだった京子さん


京子さんが声を出して唄い出した瞬間……


どぉーん!!ってセドナのビジョンが広がってビックリした


私は聴く時、自然と目を瞑るんだけど(視界が邪魔になってしまうので無意識に……だと思う)、そしたら一瞬で風景はあの赤土のセドナに切り替わって、
装飾をした部族がみんなで唄っていた


あぁ、セドナの風をそのまんま纏ってるんだって思った


それがとてもとても心地よかった


唄い終わるとみんなでまずは一緒にドラムを叩いて想い想いに唄う


けどこの時なぜか、私は唄いたいって思ってないなってすぐ気づいた


声を出すことに違和感を感じたから


ドラムを叩いていたらふと、ドラムの振動ってすごく心地いいんだなぁって感じて、みんなが声を出して唄ってる中、ずっとその響きを感じていた


よく響くドラムだった


好きなドラムを手に取って~って言われて、真っ先に選んだ子だったんだ


で、この後ひとりひとりワークするんだよなぁって思いながら………あ~でも何か唄う気分じゃないなぁ~やっぱって思っていた時


ドラムとの会話が始まった


思い返してもそれは、ごくごく自然に当たり前のような流れで始まってた


振動を感じながらドラムに意識を向けていて


私『なんか今日、唄いたくないんだけどどうしよう。唄わなきゃダメなのかなぁ?』


ドラム『大丈夫……。嫌なら唄わなくて大丈夫』


私『………うーん』


ドラム『私が唄うから大丈夫だよ。私を使って音を出すのも唄うのと同じだから。それで大丈夫』


私『あぁそっか!なるほどね!私の身体を使って唄わなくてもいいんだね!そっかそっかぁ』


って………きっと時間にしたらわずか数秒の出来事だったと思うんだけど、話したっていうのか……聞こえたっていうのか………そのどれもに当てはまるような当てはまらないような瞬間だった


ドラムにも意志があるんだってことを、改めてわかった瞬間だった


みんなみんな、どんな存在とでも意識を向ければ対話ってできるのかもね


ドラムの声を聞いてとても安心して、けど一方でマインドの私?は、それが場を乱すんじゃないか?って体裁を気にしていた


やりたかったのは、声を出さずにただただドラムを身を委ねるように叩いて辺りをぐるぐるウロウロ歩くこと


そんな気分だった


ワークが始まってひとりひとりの唄に耳を傾けていると、いろんな側面や感情がダイレクトに出てそれを感じ取ることができる


隣にいた方が、ものすご~く緊張していて、そのエネルギーが強くて絶ち切っても共振してしまい、私まで心臓がバクバクしてたのは本当に大変だったけど(笑)


その人の内なる恐怖や怯え、怒り、抑えてる莫大なエネルギーがすごくて、気当たりしそうになった


で、その人が終わって自分の番


やっぱり最初は唄う気分じゃないから声は出なくて、しばらくじっとドラムを叩いてドラムの声を響かせてた


低温の声が出始めたけど、何かが違った


すぐに止めて、次に出た声は高くてやわらかい、ハミングするみたいな声だった


唄う時も目を瞑るのだけど、その時ずっとずっと


『大丈夫』


って聞こえていた


けどそれは私自身へではなく、隣の人に向けての声だった


ふんわり包んで抱きしめるようなビジョンだった


『大丈夫。大丈夫。恐くないよ。大丈夫だよ』


ずっと聞こえていて、それをそのまま声に、唄にしていた


私が終わったあとの次の人も、とても辛そうで、悲しみや憤りを抱えて、それを発散するように泣きながら向き合っていた


そんな二人に囲まれていて、何かを無意識に感じていたのかな


ワークでは本当に、思いもよらない自分との対話になる


それは、自分を感じてても周りの人を感じてても同じで、すべてがジャッジなく許されている場だから、安心して出てこれるんだと思った


ノージャッジの世界の心地よさ


ドラム&ボイスワークが終わる頃には、だいぶ時間が経っていた


そして、そこから恵さんによるムーブメント・メディスンのワークが始まった














やっぱもうすでに長い気がするー(笑)


次で終わるのか?(笑)


f:id:alomalino:20160623183346j:plain

羽根!羽根!!羽根ーーー!!!

空に羽根がいっぱい落ちてるーーー!!!


すーーーごぉぉぉぉぉぉいい(*≧∀≦*)♪♪


何なんだこれーーー!!!


興奮しすぎて、たくさんあるのに建物の影とかになっちゃって全部撮りきれなかったけど……


いやぁ~メッチャ興奮したなぁ~(  ̄▽ ̄)


朝から良いこといっぱーい♪


そしてそして、これから楽しみだったWS♪


……実はWSの内容よりもこれを開催してるお二人に会いたくて行くようなWS(*´∀`)♪←内容もメッチャ楽しみですよ(笑)


でもいつもこんなんが大半だな私


楽しみだな~♪楽しみだな~♪




f:id:alomalino:20160618102113j:plain


f:id:alomalino:20160618102144j:plain


f:id:alomalino:20160618102215j:plain

音に乗り、音になる①

一昨日、ずっと楽しみだったインディアンドラム&ボイスワークとムーブメント・メディスンのコラボワークに行って来ました


先月、インディアンドラム&ボイスワークの広部京子さん(アースボイス京子さん)をふとしたキッカケで見つけて、ワークショップを開いてることを知り、そのワークの詳細を読んだ瞬間、心が揺さぶられるくらい込み上がるものがあったから


『人は太古から火を囲み、唄って踊ってきた。

ネイティブアメリカンドラムの音は心臓の音。

私たちが生まれてから死ぬまで、身体の中でずっと刻まれているビートを叩きながら、即興で声を出していく。

頭は分からないと言っても、身体はちゃんと唄うことを、踊ることを知っている。

唄い踊ることで人は大地と宇宙との繋がりを確かめてきた。

大地は私たちが唄い踊ることを一番楽しんでいる。

そして、唄うことで思い出す事がいっぱいあるんだよ。

この数百年の間に、私たちが忘れてしまったたくさんの大切な事を思い出す時間。

いのちの時間。

人間が唄い踊れば地球は大丈夫。そう大丈夫ーーーー!』


もうこれは今の私にとってベストマッチでベストタイミングなワークだぁぁぁぁぁ!!って思って興奮して


でも、何も知らない……誰も知らない……そんな中に飛び込む勇気がなくて迷いながら、でも行きたい!行ってみたい!この人に会いたい!が勝って行ったのが始まりでした


基本、人と接することを積極的にしない私は人に対してオープンな体質ではないんだけど、ワーク開始前、時間直近になっても誰も会場に来ないって不安が項をそうしてか、その場に最初に現れた初参加の方とたくさんしゃべる形になり、ほぐれた状態でワークに入れました


そして、京子さんを中心として、その場に集まる人たち、存在たちが作る場は、本当に何もかもが許されていた


その安心感と心地よさを肌で感じ取り、京子さんがお話をしているだけで自然と泣けていました


何もかも、出てくるそのまんまでいてね


あなたでいてね


優しさに包まれて、ありのまま、何もジャッジされない空間がそこにはありました


ボイスワークは、円になって一人一人がドラムを叩きながら音や声を出していくんだけど、初めてで人前でってこともあり緊張したけど、出てくる声は震えながらもでも低く太い響く声で


終わったあとは、もっとやってみたいなって気持ちになっていました


そしてその時、京子さんに、今度は踊ってみたいです!って自然に話していた


そしたら何と……その数日後に今回のコラボワークを見つけてまた大興奮して即申し込んだという流れ


なぜ、躍りに惹かれるのか?


実は混沌の最中、ずっとずっと私の中にあったキーワードは『歌・踊り・音楽』


その中になぜ踊りがあるのか


それは同じく八方塞がりで自分を見失っていた2年近く前、友人が私を説得して連れていってくれた踊り(ダンス)の瞑想が根底にあるから


集団で瞑想するってことに違和感と偏見があったのと、踊るなんてやったこともないし、やりたいとも思わないし、恥ずかしくて無理!!!って頑なな私を、いや楽しいから♪絶対大丈夫だからー♪♪って嵐のように巻き込む二人に巻かれる形で行ったもの


で、結果……私は人生で初めてくらいの至福と歓喜体験をそこですることになったんです


音に身を委ねるってこと、そして、それに合わせて身体を動かすこと、動くこと


それが、自然と踊りとなっていました


頭で考えなくても勝手に身体が動いていくことに、マインドは不思議がっているけど身体はそれを知っているって感じで、その時間はもう本当に恍惚としか言えなくて、終わったあとの興奮ったらなくて


街中歩いてる人たち、電車に乗っている人たちを片っ端からハグしたい衝動に駆られ……愛してるよぉー!!って叫ぶ寸前でした(笑)


その感覚がずっと忘れられなくて、あぁまた踊りたい、踊りたいってなっていたんですね


ムーブメント・メディスンは初めて聞くものだったけど、HPを見た時に同じものを感じたのと、日本でその先駆けとなっている宮田恵さんに惹かれたのも迷わず決めた理由でした


初めてお会いした時、ふわりとした凛として静寂な雰囲気を放っていた恵さん


お話させてもらった時、ただずっと相手の瞳をじーっと離すことなく聴くその眼差しに、野性味を感じるっていうか、とても芯の強い方なんだなって感じた









何だか書きたいことがいっぱい(笑)


また今度にしよっかな


f:id:alomalino:20160618075500j:plain

回想、そして今

この一年、人生の中でもかなりかなりか~~~なり濃いぃ一年だった


激動というか……緩やかに、ドカンと崩れたみたいな



仕事もプライベートも試練の日々みたいな感じだった



もう壊れるかもしれないって思った


けど、防衛術みたいなものも身についてて、瀕死にはなるけど死なないみたいな状態で



でも、もうどうにでもなれ!!って怒りも悲しみも苦しさも吐き出してみたら……



まるでそれまでのことは夢だったのかと思うくらいに



なんか全てを忘れて感情移入しまくった名演技俳優かのごとく……



突然、カァーーーーーーット!!!
おつかれっしたぁぁぁぁぁぁぁーー!!!



みたいな……



鳩が豆鉄砲状態で、あまりのことに思わず笑いが止まらなくなるみたいな体験をして、事態は一変しました



魂の絆をもつ一人の存在



テラに来る前も色々なところを旅して、数えきれないくらいの経験をしてきた存在



お互いに、ハッキリは覚えてないけど二人のビジョンをたくさん見て教えてくれるその存在は、お互いにとってのスペシャルだった



同い年で、一見まるで真逆の価値観を持つのに引き合う不思議


まだ残ってる傷が痛んだり、そこに触れると怒りや悲しみが湧いたりするけど


でもそれも、話すことで放たれて、傷はどんどん塞がって触れても痛くなくなってきて


自分と深く繋がれば繋がるほど、相手からの言葉も刺さらなくなってて、あぁ、そうなんだね、そういう見方があるんだねって受け止められる


日々それは自分のバイオリズムによっても左右されると思うけど、でも芯が太くなったというか、揺らがなくなったというか


でも、頑ななわけでもなく、風が吹けば揺れてなびく柔軟さもあるし、だからといって身を預けっぱなしなのかといえばそうでもなく、そこに在る強さもあるといった感じ


こういう時、自然の在り方とリンクする


書きながらずっと、風に揺れている草花を想った


いいね、とても


いい感じだ


f:id:alomalino:20160617103857j:plain

地球って…

昨日の朝、仕事に向かう途中


梅雨の合間のキレイな晴天を眺めながら歩いてて


それはそれは計算してもできないような色々なカタチ、様々なコントラストの雲が青いおっきなキャンバスに広がっていて


その風景はその一瞬しか味わえなくて、変幻自在にカタチを変えてそこに在って


ふとね


あぁ……地球って芸術家だなぁって思った


で、すぐさま、あぁ……地球が芸術家なんじゃなくて、芸術家が地球の真似をしてるのかなって思ったりもして


あ、でもどっちでもいっかってなり(笑)


楽しく歩いてました


おもしろい星だよね、地球、テラ


来れてよかったなぁ


f:id:alomalino:20160611120911j:plain