色とりどりの風景

ありのまんまりあんなわたしの場所

音に乗り、音になる①

一昨日、ずっと楽しみだったインディアンドラム&ボイスワークとムーブメント・メディスンのコラボワークに行って来ました


先月、インディアンドラム&ボイスワークの広部京子さん(アースボイス京子さん)をふとしたキッカケで見つけて、ワークショップを開いてることを知り、そのワークの詳細を読んだ瞬間、心が揺さぶられるくらい込み上がるものがあったから


『人は太古から火を囲み、唄って踊ってきた。

ネイティブアメリカンドラムの音は心臓の音。

私たちが生まれてから死ぬまで、身体の中でずっと刻まれているビートを叩きながら、即興で声を出していく。

頭は分からないと言っても、身体はちゃんと唄うことを、踊ることを知っている。

唄い踊ることで人は大地と宇宙との繋がりを確かめてきた。

大地は私たちが唄い踊ることを一番楽しんでいる。

そして、唄うことで思い出す事がいっぱいあるんだよ。

この数百年の間に、私たちが忘れてしまったたくさんの大切な事を思い出す時間。

いのちの時間。

人間が唄い踊れば地球は大丈夫。そう大丈夫ーーーー!』


もうこれは今の私にとってベストマッチでベストタイミングなワークだぁぁぁぁぁ!!って思って興奮して


でも、何も知らない……誰も知らない……そんな中に飛び込む勇気がなくて迷いながら、でも行きたい!行ってみたい!この人に会いたい!が勝って行ったのが始まりでした


基本、人と接することを積極的にしない私は人に対してオープンな体質ではないんだけど、ワーク開始前、時間直近になっても誰も会場に来ないって不安が項をそうしてか、その場に最初に現れた初参加の方とたくさんしゃべる形になり、ほぐれた状態でワークに入れました


そして、京子さんを中心として、その場に集まる人たち、存在たちが作る場は、本当に何もかもが許されていた


その安心感と心地よさを肌で感じ取り、京子さんがお話をしているだけで自然と泣けていました


何もかも、出てくるそのまんまでいてね


あなたでいてね


優しさに包まれて、ありのまま、何もジャッジされない空間がそこにはありました


ボイスワークは、円になって一人一人がドラムを叩きながら音や声を出していくんだけど、初めてで人前でってこともあり緊張したけど、出てくる声は震えながらもでも低く太い響く声で


終わったあとは、もっとやってみたいなって気持ちになっていました


そしてその時、京子さんに、今度は踊ってみたいです!って自然に話していた


そしたら何と……その数日後に今回のコラボワークを見つけてまた大興奮して即申し込んだという流れ


なぜ、躍りに惹かれるのか?


実は混沌の最中、ずっとずっと私の中にあったキーワードは『歌・踊り・音楽』


その中になぜ踊りがあるのか


それは同じく八方塞がりで自分を見失っていた2年近く前、友人が私を説得して連れていってくれた踊り(ダンス)の瞑想が根底にあるから


集団で瞑想するってことに違和感と偏見があったのと、踊るなんてやったこともないし、やりたいとも思わないし、恥ずかしくて無理!!!って頑なな私を、いや楽しいから♪絶対大丈夫だからー♪♪って嵐のように巻き込む二人に巻かれる形で行ったもの


で、結果……私は人生で初めてくらいの至福と歓喜体験をそこですることになったんです


音に身を委ねるってこと、そして、それに合わせて身体を動かすこと、動くこと


それが、自然と踊りとなっていました


頭で考えなくても勝手に身体が動いていくことに、マインドは不思議がっているけど身体はそれを知っているって感じで、その時間はもう本当に恍惚としか言えなくて、終わったあとの興奮ったらなくて


街中歩いてる人たち、電車に乗っている人たちを片っ端からハグしたい衝動に駆られ……愛してるよぉー!!って叫ぶ寸前でした(笑)


その感覚がずっと忘れられなくて、あぁまた踊りたい、踊りたいってなっていたんですね


ムーブメント・メディスンは初めて聞くものだったけど、HPを見た時に同じものを感じたのと、日本でその先駆けとなっている宮田恵さんに惹かれたのも迷わず決めた理由でした


初めてお会いした時、ふわりとした凛として静寂な雰囲気を放っていた恵さん


お話させてもらった時、ただずっと相手の瞳をじーっと離すことなく聴くその眼差しに、野性味を感じるっていうか、とても芯の強い方なんだなって感じた









何だか書きたいことがいっぱい(笑)


また今度にしよっかな


f:id:alomalino:20160618075500j:plain